中央大学・東京電機大学・日本大学・明治大学
4私大共同「研究開発交流会」

UWB(超広帯域)アンテナ

氏名(所属) 小林 岳彦(東京電機大学 工学部 情報通信工学科 教授)
専門分野 ワイヤレスシステム工学
展示テーマ UWB(超広帯域)アンテナ
研究段階 実用化段階
分野 情報通信
キーワード UWB,アンテナ,電波伝搬,UWB ワイヤレスシステム
研究の概要   超広帯域( ultra wideband:UWB )ワイヤレス技術は,従来の狭帯域ワイヤレス技術と異なり,きわめて広い帯域幅(比帯域幅=帯域幅/中心周波数> 0.2 )を占有するかわりに,その電力スペクトル密度を人工雑音以下とすれば既存のワイヤレスシステムと周波数を共用できる可能性があり,近年注目されている。しかし,例えば 3.1 〜 10.6 GHz という広い帯域幅をカバーする無指向性の測定用標準アンテナは,これまで存在しなかった。
  UWB ワイヤレス機器の測定や電波伝搬特性の実測に用いるためのアンテナとして写真のような形状のものを考案し,パラメータを最適化することにより,水平面内無指向性で, 3−20 GHz の VSWR (電圧定在波比)が 1.3 以下のアンテナを実現した。
URL http://www.wsl.c.dendai.ac.jp
特許
(出願中含む)
特許出願番号:特願2003-156474
大学の窓口 東京電機大学産官学交流センター
共同研究のパートナーへの要望・条件等
技術分野 電気・電子/情報工学
得意分野
その他



[ 展展示ブース(技術交流会&技術相談会)ご案内 ]