中央大学・東京電機大学・日本大学・明治大学
4私大共同「研究開発交流会」

火災に強い軽量高強度FRP材の開発と成形

氏名(所属) 邉 吾一(日本大学 生産工学部 機械工学科 教授)
専門分野 軽量構造力学,複合材料工学
展示テーマ 火災に強い軽量高強度FRP材の開発と成形
研究段階 やや実用化段階
分野 材料/製造技術
キーワード 難燃性,軽量構造,引抜成形法,フェノール樹脂
研究の概要   現在,繊維強化プラスチック(以下 FRP )は,多くの分野で使用されているが,車両,船舶,航空機あるいは建築構造材料として使用する場合,火災時の発煙や有害ガスの発生防止が課題であり,難燃性,低発煙性,耐熱性に優れたフェノール樹脂を FRP マトリクスとして利用する研究が行われている。しかし,成形時に水分が蒸発する等の問題があり,成形が容易ではない。そこで,逆の発想からフェノール樹脂発泡体を母材とした,断面形状が大きく,連続繊維を用いたフェノールフォーム複合材料の引抜成形法を検討した。その結果,難燃軽量で,成形の自由度(導線,電子デバイスの埋め込み)が高く,緩衝性に優れた構造材であり,木材と同等の加工性(切る,釘接合,接着)を有する新素材を開発した。
URL http://www.me.cit.nihon-u.ac.jp/introduction/index.html
特許
(出願中含む)
特許公開番号:特開2003-145570
大学の窓口 日本大学産学連携知財センター
共同研究のパートナーへの要望・条件等
設備・機器
技術分野 機械/船舶/航空・宇宙/化学/繊維/建設
その他



[ 展展示ブース(技術交流会&技術相談会)ご案内 ]