格助詞「で」

  1. 格助詞“で”にはいろいろな用途がありますので,乱用しないよう注意しましょう.
    × この作業は装置A上通常は予定時間内処理できるが,現在,冷却ファンが故障,制御部が高温暴走しているの,予定時間内終了しない.
     この作業は装置Aを使用して通常は予定時間内に処理できるが,現在,冷却ファンの故障により制御部が高温となって暴走しているので,予定時間内には処理しきれない. 
  2. 意味が不明瞭になる恐れがあるときは,意識して“で”の使用を避けてください.
    【時間】 1時間終了する → 1時間以内に終了する
    【場所】 宇宙空間
    音が伝わらない理由 → 宇宙空間において音が伝わらない理由
    【状態】 高温
    溶解する → 高温になると溶解する
    【方法】 ユークリッドの互除法
    解ける → ユークリッドの互除法を用いて解ける
    【材料】 容器は金属
    できている → 容器は金属から作られている
    【原因】 雑音
    通話できない → 雑音により通話できない,雑音の影響により通話できない
  3. とすること → とすることによって
  4. “である”の“ある”を省略しないでください.
    × AはB,CはBでない.(肯定か否定か不明)
     AはBであるが,CはBではない.(明確に肯定)
     AはBではないし,CもBではない.(明確に否定)
前の項目へ 次の項目へ