CAVE(R)/立体視表示システム - 中央大学中央大学
TOPCAVE(R)とはシステム紹介研究事例使用風景見学リンク
研究事例

 21世紀COEプログラム「電子社会の信頼性向上と情報セキュリティ」においてCAVE®を運用しており、セキュリティ情報/電磁波漏洩の解析や可視化などの研究に使用します。


21世紀COEプログラム「電子社会の信頼性と情報セキュリティ」関連
都市部の高周波電磁波伝搬状況の可視化
地理情報をベースにした、移動体の行動シミュレーション
お問合せ先: cave-master@ise.chuo-u.ac.jp
商標について
Copyright© 2003 Chuo University